雨の多い今年の雨季

毎年、12月と1月は特に雨が多い時期なのですが、今年は特に雨が多いっすね。特に朝晩は集中的に降っていて、今日は1日しとしと長雨になりそうなお天気です。

雨は海況にはそれほど影響しないのですが、風が伴うと海はみるみる荒れていきます。トランベンなんかはこんな状態に。

トランベン パラダイスホテル

「俺とお前と、だいごろー---」

っていうBGMが流れそうな日本海のような荒波。

むかーし、こんな荒波にビキニで突っ込んでいった欧米女子が、見事に荒波に負けて必死で戻ってきたら、ビキニがなくなってて、ビーチボーイは大喜び、なんてこともありましたが、海って怖いです。

そんな悪海況にこれからなってくのでしょうが、こんな状況でお客さんもいないから色々心配しなくてもいいのよ。

よし、色々吹っ切って乗り越えてくか。

それではまた!

日本からバリに観光に来るための行程は?

海外旅行再開までのハードルが徐々に下がりつつありますが、実際にバリに遊びに来るためには、どれくらいの費用と、事前準備が必要なのかをシミュレーションしてみました。

(日本出発前)E-Visa取得 約32,000円
(日本出発前) PCR検査 約15,000円
ガルーダ往復 約130,000円
到着日から3日間隔離+2回のPCR検査(サヌール タクスホテルの場合)約40,000円
https://www.taksusanur.com/special-offers/#quarantine-package

ここまでで晴れてバリで自由に行動できるようになります。そんでもって、ここまででかかる費用が217,000円。

ガルーダの料金も普段に比べてだいぶ高いですし(自分の感覚では普段の2倍)、余計な費用(E-Visa, PCR検査、隔離ホテル)がかかるので、まだまだ観光客が戻るのは遠い先でしょうか?

余談ですが、先日、知り合いがJALの社員さんとお話をしまして、海外旅行が戻るのってどれくらい?っていう質問をしたみたいですが、その答えは「2023年」だったようです。

焦らずゆっくりですね。できることを自分なりに頑張ります。

それでは。



1年半使ってないボートの現状

↑がうちのヌサペニダ専用ボートなんですけどね、1年半以上お客さんを乗せて走っていません。ボートってただ置いておくだけだとどんどん劣化して壊れていくので、週に一回はエンジン回して、船内に溜まった水(雨)を抜くんです。

雨を抜かないとそのうち船が沈没するんですよ。

それでも、バッテリー、ワイパー、トイレ、エンジンが壊れてたびたび修理しています。

スタッフももちろん必要だし、こんな時にボート持ってると本当に大変ですわ。でも、仕方ないって割り切って観光客の戻りを待ってます。

戻ってきたときにすぐに使えるようにコンディション維持しているわけですが、世界の観光が再開したら一気に忙しくなる!って期待して、メンテンナンスを続けて行ってます。

ってことで、うちのボートの現状紹介でした。

それでは。

ウェブサイト一新しました!

コロナになってから早1年半以上経ちました。2020年4月から今までお客さん0の日が続いております。

その間、わたくし、日本で出稼ぎしたり、バリで違う仕事を探してみたりしておりましたが、時間があまりにもあるので、ウェブサイトを斬新しました!!

これからここでダイビング、シュノーケル、釣り、海のこと色々と書いていこうと思います!

それでは!!