雨の多い今年の雨季

毎年、12月と1月は特に雨が多い時期なのですが、今年は特に雨が多いっすね。特に朝晩は集中的に降っていて、今日は1日しとしと長雨になりそうなお天気です。

雨は海況にはそれほど影響しないのですが、風が伴うと海はみるみる荒れていきます。トランベンなんかはこんな状態に。

トランベン パラダイスホテル

「俺とお前と、だいごろー---」

っていうBGMが流れそうな日本海のような荒波。

むかーし、こんな荒波にビキニで突っ込んでいった欧米女子が、見事に荒波に負けて必死で戻ってきたら、ビキニがなくなってて、ビーチボーイは大喜び、なんてこともありましたが、海って怖いです。

そんな悪海況にこれからなってくのでしょうが、こんな状況でお客さんもいないから色々心配しなくてもいいのよ。

よし、色々吹っ切って乗り越えてくか。

それではまた!

マンボウの見つけ方

お客さんからのリクエストが一番多いのがマンタ、マンボウ、沈潜なのですが、マンタ、沈潜は見せるのは結構楽です。沈潜は動かないし、マンタは高確率で見れるのでどちらも海況さえあえば見れます。

ただ、マンボウに関しては、季節が限定されていることと、見られる海況の潮が速いこと、見に来るダイバーが多すぎることが原因でなかなか確率よく見せることができません。

マンボウのポイントってヌサペニダ周辺でいくつかあるのですが、一番ダイバーが集まるクリスタルベイは初心者でもある程度は潜れるポイントになっています。理由は、潜行する場所をレベルに応じて使い分けることができるから。上級者は潮がかかっている場所から一気に潜行できて、最短でマンボウまでいけますし、初心者は潮がかからない湾内からゆっくり潜行して進むことができます。
なので、一番ダイバーが集まる。そうなるとマンボウが出た瞬間にダイバーがマンボウを追いかけるのでマンボウがすぐにいなくなります。

もう一つブルーコーナーという有名ポイントがありますが、ここは潮が速いのでお客さんのレベルが揃わないとなかなかいけないし、さらに潮の見極めを間違うと行きたい方向に流れてくれなかったりということになるので、ガイドの腕が試されるポイントでもあります。ブルーコーナーはダイバーの数が少ないので、見られる確率はクリスタルベイよりも高いのですが、ここに入るためには最低限、自分の身を自分で守れるだけのスキルが必要です。

よく問い合わせで「初心者ですが、マンボウ見れますか?」って聞かれます。見れないことはないですが、レベルによって見れる確率がまったく異なります。ショップによっては確率上げるために初心者お断りだったり、上級者ポイントに無理やり連れていくところもあります。どうしても見たいようでしたらダイビングスキルを上げてから挑戦することをお勧めします。

うちの場合は、初心者でもヌサペニダに連れていきますが、安全のため上級者ポイントには絶対に連れていきませんし、「ラッキーだったら見れるかもね」くらいの確率でしかご案内できません。

ってことで、タイトルのマンボウの見つけ方!の答えは、ダイビングスキルを上げて上級者ポイントに入れるようになってバリに来る!そしてガイドを信じてついていくこと。。それだけです(笑)

でも、いつになったらまたお客さんにまたマンボウ見せられるんだろうね。。

コロナなくなんねーかなー

パダンバイでシュノーケル

ゲストがいたわけではないのですが、パダンバイでシュノーケルしてきました!!

今回は、友人家族と行ってきまして大人3名、子供4名でテペコン、パダンバイでのシュノーケルでした。
15年以上ぶりにテペコン行きましたが、水中はどんな感じなんでしょうかね。

時期的なものだと思うのですが、テペコンもパダンバイも水が濁っていまして、緑色。

水面からも緑色の海っていうのがわかりますね。

ただ、水面も穏やかで、魚もそこそこ見れたので楽しめたようです。子供が魚見て楽しんでくれるのってうれしいね。

ガイドの仕事の本分を久しぶりに思い出したツアーでした。

また子供たち連れてどこかに行きたいものです。

シュノーケル詳細は下記まで!!

https://papasdive.com/snorkel/

それでは。

Papas公式LINEは下記!!是非お友達登録してください!

ウェブサイト一新しました!

コロナになってから早1年半以上経ちました。2020年4月から今までお客さん0の日が続いております。

その間、わたくし、日本で出稼ぎしたり、バリで違う仕事を探してみたりしておりましたが、時間があまりにもあるので、ウェブサイトを斬新しました!!

これからここでダイビング、シュノーケル、釣り、海のこと色々と書いていこうと思います!

それでは!!